FC岐阜の3選手が契約満了で退団 昨年脳腫瘍を摘出のDF横山ら

記事まとめ

  • FC岐阜は、小野悠斗、横山知伸、全山海との契約を更新しないと発表した。
  • 横山は昨年、脳腫瘍摘出手術を受けてから出場機会はなかった。
  • 全山海は「今まで応援ありがとうございました」とコメントしている。

J3降格の岐阜、3選手が契約満了で退団…昨年脳腫瘍を摘出のDF横山ら

J3降格の岐阜、3選手が契約満了で退団…昨年脳腫瘍を摘出のDF横山ら
 FC岐阜は5日、MF小野悠斗とDF横山知伸、MF全山海との契約を更新しないと発表した。

 1991年生まれの小野は横浜F・マリノスの育成組織出身でメキシコでのプレーを経て2015年に岐阜へ加入。2017年に30試合、昨季は28試合に出場するなど主力としてプレーした時期もあったが、今季は7試合の出場に留まっていた。

 34歳の横山は早稲田大学から2008年に川崎フロンターレへ加入。その後セレッソ大阪や大宮アルディージャを経て2017年から北海道コンサドーレ札幌でプレーする。ロアッソ熊本への期限付き移籍を経験した後の昨年12月に契約満了となったが、その後脳腫瘍が発見されて摘出手術を行った。その後リハビリを行い、今年9月に岐阜と契約を締結したが出場機会はなかった。

 20歳の全山海は韓国の高校卒業後、2018年に岐阜へ加入。今季は鈴鹿アンリミテッドFC(JFL)へ期限付き移籍していた。同選手はクラブの公式サイト上で以下のようにコメントしている。

「チームの力になれず申し訳ございません。FC岐阜がすぐにJ2リーグに戻れるように願っています。今まで応援ありがとうございました」

 なお、小野、横山の両選手については次の所属先等が決定後にコメントを発表するとしている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。