アーセナル、ユングベリ体制初黒星…ブライトンに競り負けて7試合勝利なし

アーセナル、ユングベリ体制初黒星…ブライトンに競り負けて7試合勝利なし
 プレミアリーグ第15節が5日に行われ、アーセナルとブライトンが対戦した。

 アーセナルはフレドリック・ユングベリ暫定監督にとって就任後初のホーム戦。3連敗中のブライトンを本拠地エミレーツ・スタジアムに迎えて、リーグ戦7試合ぶりの勝利を狙う。

 だが試合は36分、右CKの流れでペナルティエリア中央のアダム・ウェブスターがこぼれ球を押し込み、ブライトンが先制に成功した。1点を追うアーセナルは41分、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右サイドからクロスを上げると、中央のジョー・ウィロックが頭で叩きつけたが、シュートはGKの好セーブに阻まれた。

 アーセナルは1点ビハインドのまま折り返したが、それでも立ち上がりの50分、メスト・エジルの右CKからニアのアレクサンドル・ラカゼットが頭で合わせると、ループシュートがゴール左隅に吸い込まれて同点に追いついた。

 63分には、右サイドのFKからゴール前に飛び出したダヴィド・ルイスが右足ボレーでゴールネットを揺らしたが、VARの介入があり、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 すると80分、アーロン・ムーイが左サイドからクロスを入れ、ニール・モペイが頭でゴール右隅に流し込み、ブライトンが勝ち越しに成功した。再び1点を追うアーセナルは87分、キーラン・ティアニーのクロスからガブリエウ・マルティネッリがヘディングシュートを放つが、これもGKの好セーブに遭って得点にはつながらなかった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、アーセナルはユングベリ体制初黒星で、リーグ戦7試合未勝利となり10位に転落。勝利したブライトンは4試合ぶりの勝利を収めて、16位から13位に浮上した。

 次節、アーセナルは9日にアウェイでウェストハムと、ブライトンは8日にホームでウルヴァーハンプトンと対戦する。

【スコア】
アーセナル 1-2 ブライトン

【得点者】
0-1 36分 アダム・ウェブスター(ブライトン)
1-1 50分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
1-2 80分 ニール・モペイ(ブライトン)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。