鎌田のブンデス初弾は幻に…長谷部フル出場のフランクフルト、ドローで4連敗阻止

鎌田のブンデス初弾は幻に…長谷部フル出場のフランクフルト、ドローで4連敗阻止
 ブンデスリーガ第14節が6日に行われ、MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトとヘルタ・ベルリンが対戦した。長谷部と鎌田は揃ってフル出場した。

 3連敗中で10位のフランクフルトと5連敗中で16位に沈むヘルタ・ベルリンが激突。試合は、前節からユルゲン・クリンスマン監督が指揮を執るヘルタが先手を取った。30分、左サイドのパス交換からドディ・ルケバキオがペナルティエリア左に抜け出し、GKの股を抜く左足シュートで先制点を挙げた。

 フランクフルトは38分、フィリップ・コスティッチが左サイドを抜け出してグラウンダーのクロスを送ると、中央のゴンサロ・パシエンシアがスルー。背後に走り込んでいた鎌田が右足で合わせてゴールネットを揺らした。しかし、VARの介入があり、ビデオ判定の結果、コスティッチが抜け出す直前に相手選手を引き倒していたため、ファールで得点は認められず。鎌田のブンデスリーガ初得点は幻となった。

 1点リードで折り返したヘルタ・ベルリンは63分、FKの流れでファーのデドリック・ボヤタが折り返し、中央のマルコ・グルイッチが合わせて追加点。だが、フランクフルトは直後の65分、左CKでアルマミ・トゥーレがヘディングで合わせると、そのボールをゴール前のマルティン・ヒンターエッガーが頭で流し込んで1点を返した。

 フランクフルトは79分に鎌田がエリア前で2人かわして左足ミドルシュートを放つが、クロスバーの上。83分にはコスティッチがエリア右からゴール右隅を狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。それでも86分、左CKでヒンターエッガーがニアで競り合うと、ファーに流れたボールをセバスティアン・ローデが押し込み、フランクフルトが土壇場で追いついた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。