奈良クラブが入場者数を水増し…J3昇格基準を満たすために常態化

 日本フットボールリーグ(JFL)に所属する奈良クラブが7日、2015年から4シーズンにわたってホームゲームの入場者を水増ししていたことを発表した。

 11月29日に観客席の写真とともに入場者数の水増しを指摘するSNSの投稿で発覚した本件だが、リーグ、クラブから7日に公式声明が発表された。

 水増しが行われていた人数について、2015、2016年は資料が残っていなかったものの、2017年以降は「入場者として認められていない人をカウントし、さらに最終的に集計された数字を割増し、公式入場者数として発表していた」とクラブ側が報告している。今回の件が行われた背景について同クラブは「J3昇格基準である年間入場者数3万人を達成するために水増しが常態化していた」と説明した。

 発覚を受け、クラブは代表取締役社長である中川政七氏の1年間の報酬を全額返上、2015年から2018年までクラブの代表者を務めた矢部次郎氏も1年間の報酬を30%減額する処分を下している。

 JFLも声明を発表し、「この度の件に関し、入場者数に不正確な数字が計上されたことについては、リーグとしても管理、指導が不十分であったと思います。またJFLをご支援、ご声援をいただいているスポンサー、ファン、サポーター、関係者の皆様方に心よりお詫び申し上げます。
来期以降改めて入場者数の適切な算出について検討、実施していき、またリーグの適切な運営体制を検討して参ります。尚、奈良クラブについては、本件に関し事実関係の確認を更に進め対応して参ります」とコメントした。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。