ノリッジFWプッキ、前半でつま先骨折もフル出場…指揮官が明かす

ノリッジFWプッキ、前半でつま先骨折もフル出場…指揮官が明かす
 ノリッジに所属するフィンランド代表FWテーム・プッキは、つま先の骨が折れているにも関わらず試合に出場していたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に伝えている。

 ノリッジは14日に行われたプレミアリーグ第17節でリーグ戦8連勝中のレスターと対戦。26分にプッキのゴールで先制したが、38分に追いつかれドローに終わった。

 ノリッジを率いるダニエル・ファルケ監督は、この試合で先発フル出場を果たしたプッキが前半終了間際につま先を骨折していたことを明かした。

「残念ながら、彼は前半に骨折してしまったから、我々は心配している。後半は痛みに耐えながらプレーしなければいけなかった。彼が万全の状態だったら、後半のチャンスをモノにできていたかもしれないね」

「ケガの程度はわからないが、医者に診てもらう必要がある。まだ1週間あるからあまり心配していない。彼はフィンランド出身だから、屈強なんだ」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。