[帝京長岡]実力者がそろった注目の世代…集大成を迎える“優勝候補”【高校サッカー選手権】

[帝京長岡]実力者がそろった注目の世代…集大成を迎える“優勝候補”【高校サッカー選手権】
 雪深き地域の努力が、花開こうとしている。

 第98回全国高校サッカー選手権大会に新潟県代表として出場する帝京長岡は、優勝候補の一角だ。同じスタッフが同じグラウンドで指導する長岡JYFCという中学生のクラブチーム出身選手がチームの主体となり、毎年、鮮やかなパスワークで織りなす攻撃を披露しているチームで、前回も全国8強と活躍した。

 加えて今年は個人の力量も高い。FW晴山岬、MF谷内田哲平、DF吉田晴稀(いずれも3年)は、それぞれFC町田ゼルビア京都サンガF.C.愛媛FCへ加入するJ内定選手。技巧派レフティーのMF田中克幸(3年)は、大学進学を選択したが、複数のJクラブが獲得に動いた選手だ。ボールの扱いとポジショニングに長けた選手が多く、相手にボールを渡さずに攻撃を組み立て、流動性の高いコンビネーションでゴールを襲う。

 特に、攻撃の1列目と2列目、中央とサイドの連係は抜群だ。シャドーストライカーの田中は、センターでパス交換にも加わるが、サイドなど空いているスペースからドリブル突破も狙う。前線に近い位置に顔を出したかと思えば、次の攻撃では田中が中盤を埋め、シャドーを組む谷内田が前に出る。

 長岡JYFCに在籍した中学生の頃から、プリンスリーグ北信越で帝京長岡高チームの一員としてプレーしてきた(※リーグ戦は、高体連主催ではなくJFA主催のため出場可能)谷内田は象徴的な選手だ。「中学生でも、ポジショニングが良ければ、高校生にも勝てると分かったし、サッカーで最も重要なことだと思っている」と話す通り、複数のプレーが可能な抜群の位置取りで周囲を生かす。古沢監督も「焦らないでほしいところで落ち着かせてくれるし、相手の嫌なところにも入っていける。数年後、卒業生の小塚和季(大分

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。