抜群の存在感を放つJ内定DF…次は、日本代表のチームメイトと対決へ

抜群の存在感を放つJ内定DF…次は、日本代表のチームメイトと対決へ
       
 セレッソ大阪への入団が内定している神戸弘陵学園のDF田平起也(3年)には、前後半の始まりに欠かさず行う儀式がある。選手11人で円陣を組んで気合を入れると、そのままの流れでチームメイトとハイタッチ。守備陣とはグータッチを交わし、定位置につくとユニフォームのエンブレムをグッと掴み、目を閉じる。Aチームで試合に出始めた3年生の春から行うルーティンで、「今着ているこのユニフォームに誇りを持っている。チームの一番大事なエンブレムに手をやり、自分の頭を整理してから試合に入っている」と理由を明かす。

 今年の神戸弘陵は仲が良い代で、選手それぞれがチームに並々ならぬ愛着を抱いているが、田平の想いは人一倍強い。「この仲間でプレーできるのも選手権が最後なので、1日でも長く皆とプレーしたい。そのためには、まず自分が楽しむのを大事にしている」と話す通り、人生初の大舞台にも関わらず堂々としたプレーを続ける原動力になっている。

 明秀日立と激突したこの日も存在感は抜群だった。前半は、ロングボールを徹底した相手の攻撃を持ち味である競り合いの強さで跳ね返し続け、「ヘディングは僕の強みで、絶対に負けてはいけない部分。今日は競り負けなかったので、違いは出せたと思う」と胸を張る。もう一つの特徴である左足で対角に入れるフィードは、田平がボールを持ったら左のウイングバックが引き気味の位置を取るなど警戒された。だが、立ち上がりにあえて見せ球としてロングフィードを放り込むことで相手のラインを下げ、自陣でパスを繋ぎやすい状況を作るなど工夫を凝らした。蹴り合いにならず、神戸弘陵らしいパス回しで自分たちの土俵に持ち込めたのは、彼を中心としたDFラインのおかげだと言っても過言ではない。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。