堅実さに裏打ちされた“凄み”…マッシモ仕込みの「力技」で挑む【J1クラブ展望/名古屋】

堅実さに裏打ちされた“凄み”…マッシモ仕込みの「力技」で挑む【J1クラブ展望/名古屋】
 昨季までとは違った意味で、「圧倒する」のが新シーズンの名古屋グランパスのスタイルとなる。今までが技術ですべてを上回り、相手がぐうの音も出ないほどに試合を支配することを目論んでいたとすれば、今年は文字通りの力技だ。スピードと突破力のあるアタッカーたちの能力を生かしきり、守備ではハイプレスと緊密なブロック、そして相手の良さを消し去る戦略で試合を封殺する。そのためにマッシモ・フィッカデンティ監督はタイ、沖縄と続いたキャンプで選手たちをこれでもかというほど走らせ、同時に普遍的な攻守のコンセプトを叩き込んできた。試合の見た目は堅実そのもので、勝利と勝点を奪うことを第一義とするリアリストの集団が2020年の名古屋というチームだ。

 ただし堅実=退屈ではない。まだまだ組み上げの最中にある攻撃は現状ではスムーズさに欠けるところがあるが、前田直輝を筆頭に、マテウス、相馬勇紀、今季は青木亮太も復調の兆しを見せるサイドアタッカーたちのプレーは総じてエキサイティングだ。前田を除く3人には直接フリーキックもあり、マテウスはルヴァンカップ初戦で早くも驚愕の一撃を沈めてもいる。指揮官は彼らをサイドだけでなく中央でのコンビネーションでも動けるように指導を重ねており、そのためのワンタッチコントロールの習熟も怠りなく進めてきた。ゴール前の連係にアクセントをつけるのは新加入の阿部浩之で、自身にとっても新たな挑戦となるトップ下でのプレーが開眼すれば、シンプルで縦に速いアタッキングサードに面白みが加わる期待感も膨らんでくる。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。