堅実さに裏打ちされた“凄み”…マッシモ仕込みの「力技」で挑む【J1クラブ展望/名古屋】

 守備はあくまで堅く、守ると決めたら“ドン引き”でも耐え抜いて流れを待つメンタリティーも今のチームには備わってきた。そのメリハリをどこで、誰がつけるのかを明確にしていくことが今後の課題とも言えるが、今季はキャプテンを引き続き丸山祐市が、副キャプテンを吉田豊と米本拓司が務め、積極的な声掛けでチームを動かしている。とりわけ米本のチームに対する情熱の発露はキャンプ中から目覚ましいものがあり、プレーとコーチングの両面でグループを引っ張る一人としての存在感を増していきそうだ。生え抜きの減ってしまったチームにおいて、責任感を誰が出していくかは懸案事項でもあり、彼ら“マッシモ経験”の豊富な主力たちのにはなおのことリーダーとしての影響力を求めたいところだ。

 ソリッドな戦いには華やかさよりも“凄み”が成分としては多く含まれることにはなるか。ここ2シーズンは勝点3に恵まれなかったビッグクラブは心機一転、力強く勝利を求めていく。

【KEY PLAYER】MF 11 阿部浩之

「チームが目指していく方向に進んでいくためには、彼の力は本当に必要になる」と指揮官が全幅の信頼を置く攻撃の中心人物。G大阪や川崎では得点力のあるサイドハーフとして評価されてきたが、新天地の名古屋ではトップ下としてより多岐に渡る貢献度を求められている。ボールを受けてのターンスキルの豊富さ、左右の足を問わない高精度のシュートなど確かに適正は認められ、本人も「わりかし自由なポジションだと思うし、うまく相手の穴を見つけてやれれば崩せると思う」と意欲的なトライを重ねている。若手の多いチームにおいては年長者としての役割の比重も大きく、プレシーズンキャンプでは負傷者続出で抜擢を受けた19歳の成瀬竣平の教育係を買って出た。「他の選手にも言ってますよ」と言いつつも、練習、試合、ピッチ外を問わず常にアドバイスを送り続け、わざわざ参考映像を探して“個人授業”まで行う手厚さ。ぶっきらぼうな喋り方で「取材は得意じゃないです」と言いつついつもちゃんと答えてくれるあたり、優しさたっぷりのナイスガイであることは確実。試合中の迫力とのギャップ萌えに悶えるサポーターも、これから増えていくかもしれない。

文=今井雄一朗/Yuichiro Imai

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。