冨安、味方2人退場で持ち味活かせず…伊紙「正確性を欠いた」

冨安、味方2人退場で持ち味活かせず…伊紙「正確性を欠いた」
 日本代表DF冨安健洋を擁するボローニャは15日、ホームでジェノアとの第24節を迎えた。冨安はこの試合もフル出場を果たしたが、試合は2人の退場者を出したボローニャが0-2で敗れる結果となった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手採点を発表している。

 ジェノアは28分にアダマ・スマオロの得点で先制に成功。44分にはカウンターからアントニオ・サナブリアが右足シュートを沈めて追加点を奪った。対するボローニャは34分にイェルディ・スハウテンが、89分にステファノ・デンスビルが退場に。冨安は61分からチームがシステムを3バックへ変更したことに伴い、右サイドバックから3枚のセンターバックの右にポジションを移して奮闘したが、反撃への足掛かりを作ることはできなかった。

 ガゼッタ紙はこの試合の冨安を「5.5」と評価。「最初の失点には関与しなかったが、いつもより正確性に欠き、相手へのプレッシャーも低かった」と厳しめの論評を下している。

 なお、ボローニャのチーム最高点はGKウカシュ・スコルプスキの「6」、両チーム合わせての最高点はジェノアのサナブリアの「7」となっている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。