徹底したハイプレスで“ワンランク上の”成熟を【J1クラブ展望/G大阪】

徹底したハイプレスで“ワンランク上の”成熟を【J1クラブ展望/G大阪】
 今季のスタートにあたり、3シーズン目の指揮となる宮本恒靖監督は、チームスローガンである『GAMBAISM』になぞらえ、目指すサッカーを言葉に変えた。

「昨年のスローガンでもあった『GAMBAISM』を、僕自身も貫くシーズンにしたいと思っています。我々の強みである攻撃力をもっと磨きながら、より多くの得点を見出せるチームを作っていきたい」

 その実現のため、宮本監督が今季のカギに挙げていたのが「攻撃をするための守備」だ。今年のガンバ大阪について話が及ぶと決まって「ハイプレス」というワードが聞こえてくるほど、プレシーズンから徹底して取り組んできた。

「前線からの守備によって高い位置でボールを奪い、ウイングバックやインサイドハーフを含めて枚数をかけた攻撃が仕掛けられるようになれば、より攻撃にパワーを割ける。それによって連動してボールを奪えるようになれば、うちのチームには宇佐美貴史やアデミウソン、倉田秋、小野瀬康介、藤春廣輝といった前線に飛び出していける選手がいるので、より彼らの強みを生かせる展開に持ち込めると思っています」

 これは何も、前線だけに求めるものではない。たとえボールを奪うゾーンが中盤や後ろになったとしても、「プレッシャーをかける」、「ボールを奪い切る」ことの二つは、戦術以前のベースとして備えたいと宮本監督は言う。試合によってその部分でバラつきがある限り、安定した「結果」を求められないと考え、選手も自覚している。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。