【CL展望】“スペシャル・ワン”も嘆くエースの不在|トッテナム

【CL展望】“スペシャル・ワン”も嘆くエースの不在|トッテナム
 2月15日に発売となった雑誌『SOCCER KING』3月号では、チャンピオンズリーグのラウンド16を完全プレビュー! 決勝トーナメントをより楽しむためのコンテンツをWebで一部公開します。



「ケイン、ユーロに黄色信号」。英紙『デイリー・ミラー』の見出しを飾ったのは、ハムストリングの腱断裂で手術を受けることになったイングランド代表FWのハリー・ケインだった。

 全治3カ月以上のケガが、今夏の欧州選手権にどんな影響を及ぼすか。そこに関心が集まるのは仕方ないが、ジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムのチャンピオンズリーグでの命運を心配するほうが先である。ラウンド16のライプツィヒ戦を控えるスパーズにとって、エース離脱の痛手は計り知れない。

 ケインは元日のサウサンプトン戦で負傷するまで、今シーズンの公式戦で17ゴールをたたき出している。CLにおいても、準優勝した昨シーズンの「5」というゴール数をグループステージだけで1点上回ってみせた。そのエースを失ったスパーズは、1月の6試合で6ゴールしか奪えていない。

 モウリーニョはチェルシー時代のディディエ・ドログバや、インテル時代のディエゴ・ミリートのように前線にターゲットマンを置いてきた。ケインは点取り屋でありながら前線でボールを収めることができるし、必要とあれば下がってビルドアップにも参加する。まさに指揮官の理想形だ。モウリーニョが「ルーカス・モウラやソン・フンミンをケインのような9番に変えることはできない」と嘆きたくなる気持ちも分かる。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。