仙台MFクエンカは全治6ヶ月の大ケガだった…右膝の負傷により母国スペインで手術

仙台MFクエンカは全治6ヶ月の大ケガだった…右膝の負傷により母国スペインで手術
 ベガルタ仙台は19日、母国のスペインで手術を受けたMFイサック・クエンカの負傷状況を発表した。

 内容は「右ひざ半月板の損傷」となっており、10日に右膝関節外側半月板縫合術という手術を受け、帰国時にクラブからもリリースされていた。手術後に全治見込みが発表され、全治6ヶ月と診断された。

 昨シーズン鳥栖に加入したクエンカは、バルセロナでのプレー経験もあるスペイン人ドリブラーで、今シーズンから仙台に加入していた。仙台はFW長沢駿、FWアレクサンドレ・ゲデスも負傷離脱しており、攻撃陣の離脱が目立っている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ベガルタ仙台 + 移籍」のおすすめ記事

「ベガルタ仙台 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ベガルタ仙台 日本代表
  2. ベガルタ仙台 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。