【湘南vs浦和プレビュー】湘南は攻撃力強化で“らしさ”に磨きをかける…新システム導入の浦和は自慢の得点力が復活

【湘南vs浦和プレビュー】湘南は攻撃力強化で“らしさ”に磨きをかける…新システム導入の浦和は自慢の得点力が復活
湘南ベルマーレ 個性豊かな人材集結で組み合わせは変幻自在に



【プラス材料】
 浮嶋敏監督の指揮のもと、今季はスローガンに「PROGRESSION -前進-」を掲げ、長年クラブとして培ってきたスタイルを土台に攻撃のさらなる上積みに取り組んでいる。具体的にはカウンターに加えて遅攻も磨き、得点力の向上を期す。

 文字どおり“前進”を志向する今季、チームには期限付き移籍先からの復帰を含めて、14人の選手が新しく加わった。既存のメンバーも新加入選手もそれぞれ個性を備えており、チーム内の競争は日々活性化している。

 フォーメーションは今季の始動から一貫して採用されている3-5-2が有力だ。前述のとおり、人数分の個性が集い、また複数のポジションを担えるメンバーも多い。すなわち選手の組み合わせは多彩で、さまざまなバリエーションが考えられる。

【マイナス材料】
 今季の公式戦初戦となった先週末のルヴァン杯第1節は大分をホームに迎え、1-0で勝利。相手に押し込まれて何度かピンチにさらされたものの、ゴール前で体を張って防ぎ、無失点で切り抜けた粘り強さは湘南らしい。ただ、初陣の難しさもあっただろう。特に前半はボールを奪うための守備が奏功せず、守から攻へのスイッチも入りにくかった。

フライデーナイトJリーグ」として他のカードに先んじてリーグ開幕を迎える今節は、本拠地『Shonan BMW スタジアム平塚』で浦和を迎え撃つ。通算対戦成績は9勝3分23敗、湘南のホームゲームでも5勝2分11敗と大きく負け越している相手だ。ただ、昨季は1勝1分、一昨季も2戦2勝と近年負けていない。しかし、昨季14位からの巻き返しを誓い、先週行われたルヴァン杯の仙台戦に5-2で勝利している浦和は間違いなく難敵と言える。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュース

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。