G大阪の“対策”に屈する形で敗戦した横浜FMの扇原…「まだまだ甘いというところが出た」

G大阪の“対策”に屈する形で敗戦した横浜FMの扇原…「まだまだ甘いというところが出た」
「かなり対策を練ってきているなと思ったし、プレーの選択一つひとつに統一感があった。そうやってくると分かっていたことなので、それに対して自分たちがやり方を変えずにしっかりと自分たちのサッカーができていれば後半のようにチャンスもたくさん作れるし、点も取れると思っていた」

 昨年、アンジェ・ポステコグルー監督が掲げるアタッキングフットボールを貫き、圧倒的な強さで15年ぶりのリーグ優勝を果たした横浜F・マリノスが、2020シーズンの開幕戦で敗れた。扇原貴宏が試合後にこう話したように、相手が対策を講じてくることは誰もが分かっていたが、それに対し選手たちは口々に「自分たちのサッカーができれば負けない」という揺るぎない自信を持っていた。

 しかし、開始6分に伊藤槙人のバックパスを朴一圭がトラップミス。ハイプレスを仕掛けていたガンバ大阪の矢島慎也にボールを奪われると、倉田秋にゴールを許してしまう。さらに34分には、ロングボールから倉田がボールを運び、最後は矢島に決められた。ダブルボランチの左に入っていた扇原には、「距離感だったり、サポートの速さがいつもよりみんな重たい」と見えていたという。「前半は相手のプレスも前からどんどん来ていたし、それで自分たちのミスも多かったというのもある」と分析した。

 それでも前半のシュート数で言えば、横浜FMの9本に対し、G大阪は8本。チャンスを作れていないわけではなかった。事実、扇原も「抜けた時は落ち着いてボールを回せていた」と語ったが、「その回数が少なかった」と悔やんだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。