激闘必至…チェルシー対バイエルンについて知っておきたい7つのこと

激闘必至…チェルシー対バイエルンについて知っておきたい7つのこと
 25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ファースレグで、チェルシーがバイエルンをホームに迎え撃つ。

 チェルシーは今大会のグループステージを3勝2分け1敗、バレンシアに次ぐ2位で決勝トーナメントに進出。対するバイエルンは、グループステージで唯一の6戦全勝を達成、24得点5失点という完璧な内容でラウンド16にたどり着いた。注目の大一番で先手を取るのは、果たしてどちらか。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』のデータをもとに、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

8年ぶりの再戦

 両チームがCLで対戦するのは8年ぶり。2011-12シーズンの決勝戦以来のことになる。ミュンヘンで行われた一戦は、1-1のまま延長戦に突入するも決着がつかず。PK戦を4-3で制したチェルシーが初の欧州制覇を果たした。当時のキャプテンは、現在チームを率いるフランク・ランパード監督。ベンチには、昨年までサガン鳥栖でプレーしていたフェルナンド・トーレスがいた。一方、バイエルンのマヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーは当時の決勝にスタメン出場。ミュラーは先制点を決めてみせた。

激闘を繰り広げてきた両チーム

 8年前のCL決勝のみならず、両チームは過去に何度も激闘を繰り広げてきた。欧州カップ戦での対戦成績は、1勝2分1敗とまったくの五分。2つの引き分けはいずれもPK戦で決着がついたゲームで、うち1試合が上記のCL決勝。もう1試合は、2013年8月に行われたUEFAスーパーカップだった。チェコのプラハで行われた一戦は、延長戦の後半アディショナルタイムにハビ・マルティネスが劇的な同点弾をマーク。PK戦に突入すると、キッカー5人全員が成功を収めたバイエルンが見事な逆転優勝を収めた。なお、「ホーム&アウェイ方式」で対戦したのは、2005-06シーズンのCL準々決勝になる。互いにホームで勝利を収めたが、2戦合計6-5でチェルシーがベスト4進出を果たした。その差はわずか1ゴールであり、今回も手に汗握る好ゲームが期待できる。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。