激闘必至…チェルシー対バイエルンについて知っておきたい7つのこと

トッテナム戦(7-2)や2017年3月のアーセナル戦(5-1)などで歴史的な大勝を飾っている。チェルシーは新たな犠牲者となるのか、それとも意地を見せるのか要注目だ。

注目のストライカー対決

 個人として注目されるのは、共に30代のストライカーだ。バイエルンは31歳のロベルト・レヴァンドフスキ。バイエルンのエースは、今大会のグループステージで最多10ゴールを記録。第1節から第5節まで出場したすべての試合でゴールネットを揺らし、第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦では14分32秒というCL史上最速での1試合4ゴールを達成した。ここまで出場43.7分につき1ゴールという驚異的なペースで得点を積み重ねており、自身初の得点王獲得も見据える。対するチェルシーは、22日のトッテナム戦で今季初ゴールを決めたオリヴィエ・ジルーに期待がかかる。先発した公式戦最近14試合で、10ゴール4アシストを記録。1試合につき1ゴールのペースで得点に関与しており、33歳の彼がスタメンで起用されれば勝利に大きく近づくかもしれない。

下馬評ではバイエルンが優勢

 日本時間25日午前10時現在、イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』はチェルシーの勝利に「4.2倍」、バイエルンの勝利に「1.8倍」、そしてドローに「3.9倍」のオッズをつけている。チェルシーのホームゲームとはいえ、ブンデスリーガで首位に立ち、経験豊富な選手が揃うバイエルンが圧倒的に優勢と見ているようだ。ただ過去の対戦では、常に激しいバトルが繰り広げられており、今回も一方的な展開にはならないだろう。8年前の決勝でバイエルンを下してビッグイヤーを掲げたランパード監督は、どんな策でもってドイツ王者に挑むのか。指揮官の手腕からも目が離せない。

(記事/Footmedia)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。