バルサ、敵地で貴重な1点確保…ナポリに先制許すもグリーズマン弾でドロー

バルサ、敵地で貴重な1点確保…ナポリに先制許すもグリーズマン弾でドロー
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、ナポリ(イタリア)とバルセロナ(スペイン)が対戦した。

 アウェイのバルセロナはボールを支配する時間が続いたが、決定機は作れず。すると30分、ホームのナポリが先制に成功した。ピオトル・ジエリンスキが相手DFジュニオル・フィルポのコントロールミスからボールを奪って中央に折り返すと、受けたドリース・メルテンスはトラップからコントロールショット。正確かつ強烈な一撃をゴール右上隅に突き刺した。

 1点のビハインドで後半を迎えたバルセロナは50分、ブスケツがメルテンスへの危険なタックルでイエローカードをもらい、セカンドレグは累積で出場停止に。この場面で痛めたメルテンスはしばらくプレーを続けたが、54分にアルカディウシュ・ミリクとの交代を余儀なくされた。

 57分、バルセロナが試合を振り出しに戻す。セルヒオ・ブスケツのスルーパスから相手DFの背後を取ったネルソン・セメドがグラウンダーで折り返し、これをアントワーヌ・グリーズマンがダイレクトで押し込んだ。

 すると89分、ナポリのDFマリオ・ルイへのタックルでバルセロナのMFアルトゥーロ・ビダルのファウルが取られると、小競り合いを始めた両選手にイエローカードが提示される。さらにビダルにはタックルの件でもイエローカードが提示され、一度に2枚のカードをもらったビダルが退場処分となってしまった。さらに後半アディショナルタイム3分、バルセロナはジェラール・ピケが足を痛めてプレー続行不可能となり、クレマン・ラングレとの交代を余儀なくされた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。