フリーは辛いよ…コロナ禍で就職難に見舞われるかもしれない選手たち

フリーは辛いよ…コロナ禍で就職難に見舞われるかもしれない選手たち
 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、サッカー界も大きな打撃を受けている。リーグ戦の中断が相次いだことで、バルセロナやユヴェントスの選手たちは給与の大幅カットに合意。それでもシーズン再開が断念された場合は、テレビ放映権やチケットなどによる収入が得られないため、破産を申請するクラブもあると複数メディアが報じている。

そのような危機的状況に陥った場合、気が気でなくなるのは所属先のないフリーの選手だろう。新しい職場を探そうにも、余裕があるクラブが少なくなり、就職難に直面することが予想される。最悪の場合は現役引退を余儀なくされるかもしれない。

そこで今回は、新天地が決まっていない現在フリーの有力選手7名を紹介する。

※カッコ内は(国籍/ポジション/年齢)

ダニエル・スタリッジ
(イングランド/FW/30歳)

 昨夏にリヴァプールを退団した後、トラブゾンスポル(トルコ1部)に加入した。新天地では公式戦16試合に出場して7ゴールを記録していたが、賭博違反の疑いで4カ月の活動禁止処分を受け、今年3月に契約の解消が決まった。国際的なイメージダウンは避けられず、高額なサラリーもネックになって、新たな就職先が見つからない可能性もある。

ジョン・オビ・ミケル
(ナイジェリア/MF/32歳)

 スタリッジと同時期にトラブゾンスポルを退団したミケル。コロナウイルスの感染が拡大する中でも試合を開催するトルコリーグの方針に疑問を抱き、契約解消に至った。現在は、2006年から11年にわたってプレーしたチェルシーの練習場の近くで生活しており、プレミアリーグへの復帰を希望しているとされるが、イングランドでも多くのクラブが一時解雇の措置に踏み切っている。英国内からのオファーがなければ、アメリカやブラジルでのプレーもあると報じられるが果たして。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月8日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。