32歳になった悪童ベントナー、夢を語る…引退後は「指導者の道へ」

32歳になった悪童ベントナー、夢を語る…引退後は「指導者の道へ」
       
 元デンマーク代表FWニクラス・ベントナーが自身の夢を語った。イギリス紙『デイリー・メール』が10日に伝えている。

 アーセナル時代から将来を嘱望されながら、相次ぐ問題行動などで当初期待されたキャリアを歩むことは出来なかったベントナー。悪童とのイメージが固定されているが、本人は引退後に指導者になりたいと考えているようで「僕は本当に指導者の道に進みたいから、それに必要なものを持っている。40歳か45歳になる前に、最初のクラブを率いたいと考えているよ」と語っている。

 コペンハーゲン時代にベントナーを指導したストーレ・ソルバッケン氏は「正直、ニクラスが指導者になることを考えたことがないと言わざるをえない」としながらも「しかし、彼には優れたサッカーの才能があることは間違いない。彼はさまざまな国のクラブでの経験があるしね」とコメントしている。

 32歳のベントナーはコペンハーゲンを昨年12月に退団して以降、無所属となっている。8年、もしくは13年後に監督としてチームを率いる姿を見ることは出来るのだろうか。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。