「1日1日が勝負」と覚悟して挑む清水6年目。ベテランに厳しい環境の中、再開を待つ 鄭大世(清水エスパルス/FW)

「1日1日が勝負」と覚悟して挑む清水6年目。ベテランに厳しい環境の中、再開を待つ 鄭大世(清水エスパルス/FW)
 5月6日までの緊急事態宣言が1カ月程度延長される見通しとなり、Jリーグクラブも活動再開を先送りせざるを得なくなっている。4月14日までトレーニングを継続していた清水エスパルスも全体練習休止して早3週間が経過した。

 4月25日にオンライン取材に応じた金子翔太は「近所の広場で人のいない時間帯に走ったり、家の中で器具などを使って筋トレや体幹をやってますけど、やっぱり不十分。コンディションが維持できているかどうかは正直なところ分からないですね。『今、息が上がっている』とか『体が動いている』とかは実戦形式のトレーニングじゃないと分からない。何気なく送っていた生活が失われてみて、サッカーができる日常がどれだけ幸せだったかを痛感しています」と神妙な面持ちで語っていたが、それはチーム全員が感じていることに違いない。

 鄭大世のような年長者にしてみれば、先の見えない現状に焦燥感を覚えることも少なくないはずだ。「俺らは(キャリアの)最後が見えてるからね。1日1日がメッチャ大事だし、若手と違うモチベーションがあるから」と3月時点で彼は話していたが、ベテランにとっては本当に毎日がサッカー人生を賭けた勝負。通常シーズンでも結果が出なければ「引退」の二文字が脳裏をよぎるだろうし、長期ビジョンで未来を思い描くことはできない。そこに追い打ちをかけるように新型コロナウイルス感染症が拡大し、実戦の場も奪われた。自分のパフォーマンスを上げようにも上げられない……。そんなジレンマは大きい。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「1日1日が勝負」と覚悟して挑む清水6年目。ベテランに厳しい環境の中、再開を待つ 鄭大世(清水エスパルス/FW)」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    ザックにエスパルスの監督をして欲しい

    1
この記事にコメントする

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。