首位バイエルンと2位ドルトムントが6連勝…原口元気が再開初戦でゴール!/ブンデス1部&2部

首位バイエルンと2位ドルトムントが6連勝…原口元気が再開初戦でゴール!/ブンデス1部&2部
 ブンデスリーガ第27節の2日目が23日に行われた。

 3位のボルシアMGと5位のレヴァークーゼンによる上位対決は、開始7分にMFカイ・ハフェルツの得点でアウェイのレヴァークーゼンが先制。52分にFWマルクス・テュラムのゴールでボルシアMGに同点とされたが、58分にハフェルツがPKを決めて2試合連続のドッペルパック(1試合2得点)を達成すると、81分にDFスヴェン・ベンダーがヘディングシュートを沈めて、3-1の勝利を収めた。この結果、レヴァークーゼンが暫定3位に浮上し、ボルシアMGは暫定4位に後退した。

 2位のドルトムントは、アウェイでヴォルフスブルクに2-0で快勝した。32分にDFラファエル・ゲレイロが先制点を挙げると、78分にDFアクラフ・ハキミが追加点。80分にはヴォルフスブルクのMFフェリックス・クラウスが一発退場となって勝負あり。ドルトムントは再開後2連勝を含む6連勝を飾った。

 首位のバイエルンは、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトをホームに迎えた。17分にMFレオン・ゴレツカ、41分にMFトーマス・ミュラーがゴールを決めて2点リードで折り返すと、後半開始直後の46分にロベルト・レヴァンドフスキが追加点。フランクフルトは52分と55分にDFマルティン・ヒンテレッガーが立て続けに得点し、1点差に迫る。しかしバイエルンは61分にアルフォンソ・デイヴィスがゴールを決めると、74分にはヒンテレッガーのオウンゴールを誘って5-2の勝利を収めた。首位のバイエルンは6連勝を飾り、26日に対戦する2位ドルトムントとの勝ち点差4をキープ。敗れたフランクフルトは5連敗で、鎌田は71分に途中出場し、長谷部は出番なしで終わった。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。