クロース、現契約を全うし2023年までレアルか…弟が明かす「中国やアメリカに行く考えは無い」

クロース、現契約を全うし2023年までレアルか…弟が明かす「中国やアメリカに行く考えは無い」
 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースは、2023年まで同クラブでプレーする可能性が高いようだ。24日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 クロースは、2014年にバイエルンからレアル・マドリードに加入。これまでチャンピオンズリーグ3連覇に貢献するなど、“白い巨人”の中盤でコンスタントな活躍を見せ、現在は2023年の6月まで契約を結んでいるとされる。

 現在30歳の同選手には、中国スーパーリーグやアメリカのメジャーリーグ・サッカーのクラブが獲得へ興味を示しているようだが、トニ・クロースの弟でウニオン・ベルリンに所属するMFフェリックス・クロースは「彼はレアルにとどまるだろう。マドリードで快適に過ごしているし、中国やアメリカに行く考えはないと思うよ」とコメント。現段階ではレアルとの契約を全うする意思を固めているようだ。

 同紙もまた、ジネティーヌ・ジダン監督からの信頼も厚いクロースは、33歳になる年まで『サンチャゴ・ベルナベウ』でプレーを続けるだろうと伝えている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。