史上最も高額な移籍金が発生したU-21選手は? FIFAトップ20から国別に紹介

史上最も高額な移籍金が発生したU-21選手は? FIFAトップ20から国別に紹介
拡大する(全1枚)
 常に選手の移籍に関する話題が飛び交うサッカー界。今夏のマーケットに向けては、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20歳)やレヴァークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(20歳)など、ヤングタレントの移籍の噂が盛んに報じられている。

 そんななか、イギリスメディア『Football365』は、21歳以下の選手の移籍金にまつわる記事を掲載。最新のFIFAランキング25位以内の国を対象とし、最も高額な移籍金が支払われたU-21選手を国別に紹介している。

 果たしてどんな選手たちが名を連ねたのか。本稿ではFIFAランキング上位20カ国を取り上げ、各国でトップに輝いたプレーヤーを順に紹介しよう。

※順位は最新のFIFAランキング
※移籍金はすべて『Football365』を参照
※日本円は6月3日時点のレートで換算

▼1位 ベルギー
FW エデン・アザール 3200万ポンド(約44億円)
2012年夏:リール→チェルシー(当時21歳)

 今から8年前に3200万ポンドでチェルシー入りしたアザール。その2年後には、ロメル・ルカクが2800万ポンド(約38億円)でチェルシーからエヴァートンに移籍し、アザールの記録に近づいた。

▼2位 フランス
FW キリアン・エンバペ 1億6640万ポンド(約227億円)
2018年夏:モナコ→パリ・サンジェルマン(当時19歳)

 1年のレンタル期間を経て、パリ・サンジェルマンへの完全移籍が成立。10代にして、1億6640万ポンドという移籍金が支払われた。『Football365』は「馬鹿げた値段だが、全うな投資だ」と評している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク