バイエルンがレヴァークーゼン下しリーグ戦9連勝…レヴァンドフスキはシーズン公式戦44得点目でキャリアハイ

バイエルンがレヴァークーゼン下しリーグ戦9連勝…レヴァンドフスキはシーズン公式戦44得点目でキャリアハイ
 ブンデスリーガ第30節が6日に行われ、首位バイエルンは5位レヴァークーゼンとアウェイで対戦した。

 レヴァークーゼンは9分、ユリアン・バウムガルトリンガーのパスに抜け出したルーカス・アラリオがそのままGKとの1対1を冷静に流し込んで先制に成功。一方、バイエルンは徐々にペースを取り戻すと、27分には一人抜け出したキングスレイ・コマンが綺麗に決めてスコアを振り出しに戻した。

 バイエルンは39分、ダヴィド・アラバのパスにロべルト・レヴァンドフスキが抜け出してシュートを放つが枠は捕えられない。それでも42分、レオン・ゴレツカが左足一閃のシュートを放つとゴール左隅に吸い込まれて逆転に成功した。

 その直後の45分にはセルジュ・ニャブリがGKと1対1の局面を迎えるがレヴァークーゼンのGKルーカス・フラデツキのファインセーブに防がれる。しかしその直後にニャブリのループシュートがネットを揺らして3点目を挙げた。

 2点ビハインドのレヴァークーゼンは後半開始に3選手を交代したが、続いての得点は66分のバイエルン。トーマス・ミュラーのクロスからレヴァンドフスキが強烈なヘディングを叩き込み今シーズンのリーグ戦30点目をマーク。公式戦通算得点を44に伸ばして自身のキャリアハイを更新した。

 レヴァークーゼンは89分に一矢報いる。得点したのは5月に17歳の誕生日を迎えた若手フロリアン・ヴィルツ。その後の反撃には及ばなかったものの、最後に大きな収穫を得た。

 試合はそのまま終了し、圧倒的な強さを見せつけたバイエルンが4-2で勝利。史上初の8連覇に向けて突き進んでいる。

【スコア】
レヴァークーゼン 2-4 バイエルン

【得点者】
1-0 9分 ルーカス・アラリオ(レヴァークーゼン)
1-1 27分 キングスレイ・コマン(バイエルン)
1-2 42分 レオン・ゴレツカ(バイエルン)
1-3 45+1分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
1-4 66分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-4 89分 フロリアン・ヴィルツ(レヴァークーゼン)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。