U-20W杯優勝から3年…“世界一”に輝いたイングランド代表メンバーは今どこに?

U-20W杯優勝から3年…“世界一”に輝いたイングランド代表メンバーは今どこに?
拡大する(全1枚)
 今から3年前の6月11日は、イングランド代表が“世界一”に返り咲いた日だった。韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップの決勝で、U-20ベネズエラ代表に1-0の勝利。“サッカーの母国”が、1966年に自国で開催されたワールドカップ以来、51年ぶりにFIFA主催の世界大会で頂点に立った。

 この優勝を皮切りに、イングランドでは新世代が次々に台頭し、才能豊かなヤングタレントがプレミアリーグを中心に躍動している。では、3年前に偉業を成し遂げた若きヒーローたちはどのようなキャリアを送っているのだろうか。U-20ベネズエラ代表との決勝戦に出場した13名の“当時”と“今”を紹介する。

※カッコ内は(現所属クラブ/現在の年齢)

▼GK フレディ・ウッドマン(スウォンジー/23歳)
2017年U-20W杯成績:6試合出場0得点

 守護神としてチームを頂点に導いたのがウッドマンだ。決勝戦では相手のPKをストップし、大会最優秀GKに選出された。今シーズンはニューカッスルからのレンタルでスウォンジーに加入。イングランド2部リーグ全試合でゴールマウスを守っている。ちなみに当時のU-20代表で控えGKを務めていたのは、シェフィールド・Uの守護神として活躍するディーン・ヘンダーソンだ。

▼DF ジョンジョ・ケニー(シャルケ/23歳)
2017年U-20W杯成績:7試合出場0得点

 U-20W杯で不動の右サイドバックを務めていたのが、エヴァートンユース出身のケニーだ。同大会は全7試合にフル出場し、優勝に貢献した。しかし、エヴァートンのトップチームで定位置確保に至らず、今シーズンはシャルケで武者修行中。今月7日のウニオン・ベルリン戦では、強烈なミドルシュートをたたき込むなど、存在感を発揮している。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。