乾貴士先発のエイバル、セビージャに敗戦…終了間際の決定機を“GKオカンポス”に阻まれる

乾貴士先発のエイバル、セビージャに敗戦…終了間際の決定機を“GKオカンポス”に阻まれる
 リーガ・エスパニョーラ第34節が6日に行われ、4位セビージャとMF乾貴士が所属する17位エイバルが対戦した。乾は左サイドのMFとして先発出場を果たし、77分までプレーした。

 エイバルは15分、セバスティアン・クリストフォロが直接フリーキックを狙ったが、枠を捉えたシュートは相手GKに弾かれる。28分には、乾がドリブルで仕掛けてエリア内に侵入。ゴールの手前でシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。

 セビージャは43分、エベル・バネガの左コーナーキックから立て続けにチャンスを迎える。1本目にはフェルナンドが頭で合わせたが、エイバルのGKマルコ・ドミトロヴィッチは好セーブでこれをかき出す。2本目はエイバルのDFエステバン・ブルゴスの体に当たってポストに直撃した。前半アディショナルタイム3分には、ルーク・デ・ヨングのポストプレーからルーカス・オカンポスが相手のDFラインを突破。ループ気味のシュートでフィニッシュを放ったが、枠を捉えることはできなかった。

 スコアレスで折り返した試合のスコアボードが動いたのは56分、セビージャが先制に成功する。ヘスス・ナバスがピンポイントのクロスを供給すると、飛び込んだオカンポスが右足で合わせてネットを揺らした。

 すると後半アディショナルタイム分、エイバルに決定機が到来。ブルゴスの落としからキケ・ガルシアがゴール前で左足のボレーを放ったが、右ポストに当たってゴールとはならなかった。同場面でキケと接触したセビージャのGKトマーシュ・バツリークが交代を余儀なくされ、オカンポスが代理のGKに。その直後のエイバルのコーナーキックでは、GKドミトロヴィッチがこぼれ球に反応してシュートを放つが、オカンポスがファインセーブでこれを防いだ。

 試合はこのまま終了。勝利したセビージャは勝ち点を「60」に伸ばし、5位ビジャレアルとの勝ち点差を「6」に広げた。一方、敗れたエイバルと18位マジョルカの勝ち点差は「6」のままとなった。次節は9日に行われ、セビージャは8位アスレティック・ビルバオと、エイバルは19位レガネスと対戦する。

【スコア】
セビージャ 1-0 エイバル

【得点者】
1-0 56分 ルーカス・オカンポス(セビージャ)

あわせて読みたい

乾貴士のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「乾貴士 + 年俸」のおすすめ記事

「乾貴士 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「乾貴士 + 評価」のおすすめ記事

「乾貴士 + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 乾貴士 Instagram
  2. 乾貴士 twitter
  3. 乾貴士 ベティス

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。