メッシやC・ロナウド、ジダンらを超越? S・ラモスのスゴい記録

メッシやC・ロナウド、ジダンらを超越? S・ラモスのスゴい記録
 7月5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦で、レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスは決勝点となるPKを決め、今シーズンのリーグ戦でDFながら10ゴールの大台に乗せた。そんなS・ラモスの得点数について、スペインメディア『TRIBUNA』は新旧の名手たちと比較している。

 S・ラモスにとって、A・ビルバオ戦のゴールはリーグ戦が再開してから5ゴール目。これはリオネル・メッシ(再開後3ゴール)やクリスティアーノ・ロナウド(同4ゴール)を上回るペースだ。

 リーグ戦10ゴールは、カリム・ベンゼマの17ゴールに次いでチーム2位。公式戦通算で見ても、S・ラモスはチームで2番目に多い12ゴールを挙げている。

 ほかのリーグやチームに目を向けると、アントワーヌ・グリーズマン(リーグ戦9ゴール)やジエゴ・コスタ(同4ゴール)、ロベルト・フィルミーノ(同8ゴール)、アレクサンドル・ラカゼット(同8ゴール)といったFWたちを上回る得点を記録している。

 2003-04シーズンにセビージャでデビューして以来、S・ラモスは得点を重ね、リーグ通算得点は「71」に達した。これはラ・リーガにおけるDFの最多得点記録で、2位はロナルド・クーマンの67ゴールとなる。

 ちなみに、ラ・リーガでの通算71ゴールは、現在の指揮官であるジネディーヌ・ジダン監督の通算37ゴール、ロナウジーニョの同70ゴール、ネイマールの同68ゴールをも上回るそうだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クリスティアーノ・ロナウド」のニュース

次に読みたい関連記事「クリスティアーノ・ロナウド」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。