冨安が反撃弾演出も…ボローニャ、サッスオーロに敗れて4試合ぶりの黒星

冨安が反撃弾演出も…ボローニャ、サッスオーロに敗れて4試合ぶりの黒星
 セリエA第31節が8日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでサッスオーロと対戦した。富安は9試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 3試合無敗の9位ボローニャは開始直後から相手ゴールを脅かす。2分、ロドリゴ・パラシオがペナルティエリア前中央から強烈なミドルシュートを放つと、これはクロスバーに直撃。16分には左CKをファーのリッカルド・オルソリーニが頭で折り返してチャンスを作ったが、中央にいたマッティア・バニの前でクリアされて得点にはつながらなかった。

 だが、試合を動かしたのは、勝ち点差1で10位のサッスオーロ。41分、ドメニコ・ベラルディがエリア左フリーでクロスを受けると、キックフェイントで冨安をかわして右足シュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

 1点リードで折り返したサッスオーロは56分、グレゴワール・デフレルがエリア左へ進入して左足シュート。これはGKウカシュ・スコルプスキに阻まれたが、最後はルーカス・ハラスリンが押し込んで追加点を挙げた。

 2点を追うボローニャは後半アディショナルタイム1分、冨安がエリア右へ抜け出して折り返すと、相手選手に当たったボールをムサ・バロウが蹴り込んで一矢報いた。だが、試合はこのままタイムアップを迎え、ボローニャは1-2で4試合ぶりの黒星を喫し、10位に後退。サッスオーロは3連勝で暫定8位に浮上した。

 次節、ボローニャは12日にアウェイでパルマと、サッスオーロは11日にアウェイでラツィオと対戦する。

【スコア】
ボローニャ 1-2 サッスオーロ

【得点者】
0-1 41分 ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
0-2 56分 ルーカス・ハラスリン(サッスオーロ)
1-2 90+1分 ムサ・バロウ(ボローニャ)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。