川崎、家長の2得点で柏を下す…大分は開始早々に失点も神戸とドロー/J1第4節

川崎、家長の2得点で柏を下す…大分は開始早々に失点も神戸とドロー/J1第4節
 明治安田生命J1リーグ第4節が10日に2試合行われ、川崎フロンターレ柏レイソルと、大分トリニータヴィッセル神戸とそれぞれ対戦した。なおこの2試合では新型コロナウイルスの影響による中断以降、J1では初となる観客が入場して行われる試合となった。

 2位の川崎フロンターレは16分にアクシデントでジェジエウが交代。それでも40分に家長昭博がCKからヘディングで合わせて先制点を記録すると、2分後にも家長が相手DFの股を抜く技ありの一撃をエリア外から叩き込んだ。

 柏は後半開始に選手を3名交代。前節得点を記録したFW呉屋大翔らを投入して、反撃を目指す。しかし52分、CKをレアンドロ・ダミアンが高い打点のヘディングで合わせて、川崎が3点目を奪う。柏の反撃が形となったのは56分、三丸拡の左サイドからのクロスをファーサイドの呉屋が詰めた。途中出場の2人で1点を返した。

 しかし反撃はここまで。川崎が危なげなくゲームを進め、3-1の勝利。開幕から無敗を維持している。

【スコア】
川崎フロンターレ 3ー1 柏レイソル

【得点者】
40分 1-0 家長昭博(川崎フロンターレ)
42分 2-0 家長昭博(川崎フロンターレ)
52分 3-0 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)
56分 3-1 呉屋大翔(柏レイソル)

 大分と神戸の1戦は開始早々に動く。1分、こぼれ球に反応した古橋亨梧がエリア外から左足ボレーで叩き込んだ。大分は29分相手のミスを拾った知念慶がスルーパスを送り、走り込んだ岩田智輝がニアサイドを抜いた。

 後半に入って神戸は小田裕太郎やドウグラスを投入し、攻勢をかける。Jリーグ戦初出場となった小田は、ゴール前での混戦からGKと1対1の決定的なチャンスを迎えたが、シュートの精度を欠いて決めきれず。その後もドウグラスが強引に持ち込んでシュートを放つ場面や、崩しからフリーで佐々木大樹がシュートを放ったが枠を捉えられなかった。試合は1-1のドローで終了している。

【スコア】
大分トリニータ 1ー1 ヴィッセル神戸

【得点者】
1分 0-1 古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
29分 1-1 岩田智輝(大分トリニータ)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。