「ベテラン力」はヤットだけじゃない。ガンバ大阪をけん引する百戦錬磨のFW渡邉千真

「ベテラン力」はヤットだけじゃない。ガンバ大阪をけん引する百戦錬磨のFW渡邉千真
       
「(藤春廣輝のクロスを受けて)最初はトラップしてから打とうと思ったんですけど、DFも必死にコース消しに来たので、右に持って行きながら自分でシュートコースを見つけて。あとはしっかり逆サイドに打てたのが良かったと思います。右に(井手口)陽介が待っていたけど、『自分が』と。途中から出たからには『自分が決めてやる』っていう思いはありましたし、ペナルティーエリアの中だったので、自分で打って行こうと考えてました」

 新型コロナウイルス感染症による中断を経て、ようやく有観客試合が戻ってきた7月12日の静岡・IAIスタジアム。清水エスパルスガンバ大阪戦は拮抗した展開で1-1のまま終盤を迎えていた。

 試合が動いたのは89分。74分からピッチに立った33歳のベテランFW渡邉千真がチームに再開後初勝利をもたらす殊勲の決勝弾を叩き出したのだ。渡邉は8日に行われた前節の名古屋グランパス戦でも終了間際に値千金の同点ゴールを奪っていた。そして中3日で迎えたこの日もジョーカーとして目覚ましい働きを見せ、ガンバに漂っていた停滞感を打ち破ったのである。

「チームには『試合を始める選手』と『試合を終わらせる選手がいる』という話をしている中で、(クローザーの)千真が点を取ってくれた。いいメッセージを残してくれたと思っている」と宮本恒靖監督も満足そうに語ったように、ガンバには短期間でも結果を出せる職人が何人かいる。40歳のJ1最多出場記録保持者・

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。