オサスナに敗れ、宿敵レアルは優勝…メッシ「僕らは一貫性のない弱いチーム」

オサスナに敗れ、宿敵レアルは優勝…メッシ「僕らは一貫性のない弱いチーム」
       
 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節オサスナ戦後、チームの戦いぶりを批判した。同日、大手メディア『ESPN』が伝えた。

 前節終了時点で首位レアル・マドリードとの勝ち点差が「4」開き、リーグ優勝が困難な状況で試合を迎えたバルセロナは、15分に緩慢な守備対応からオサスナに先制を許してしまう。62分にメッシの得点で追いついたが、後半アディショナルタイム4分にはセルジオ・ブスケツの中途半端なクリアから勝ち越しを許して1-2で敗戦した。一方、レアル・マドリードはビジャレアルを下し、再開後10連勝で3年ぶり34回目の優勝を決めた。

 オサスナ戦後のインタビューに答えたメッシは、次のようにコメント。再開後6勝3分1敗と勝ち点を落としてレアル・マドリードに優勝を譲ったことを反省し、安定感に欠けたパフォーマンスの改善をチームに求めた。

「こんな風にシーズンが終わるとは予想もしていなかったけど、僕たちのシーズンが反映された結果だ。(僕たちは)一貫性のない弱いチームで、強度と熱意で打ち負かされてきた。僕たちに対してゴールを決めるのは、(相手にとって)簡単なことだった」

「マドリードは、彼らがやるべきことをやったまでだ。彼らは再開後、試合に負けていない。そのことは称賛に値するけど、僕らは取るべき勝ち点を落とすことで、彼らを助けてしまった。僕たちは選手からクラブ全体まで、自己批判的でなければらない。マドリードは(再開後)すべての試合に勝利した。だけど、僕たちもバルセロナだ。すべての試合に勝つ義務がある。対戦相手ではなく、僕たち自身を見る必要があるんだ」

「前にも言ったけど、こんなプレーをしていたらチャンピオンズリーグ(CL)で優勝するのは困難だ。多くのことを変えていかなければならない。そうでないと、(CL決勝トーナメント1回戦で対戦する)ナポリにも同じように負けてしまうだろう。頭を一回整理して、CLに向けて切り替え、ゼロからまた始めるのには、少し時間が必要だ」
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「メッシ + Instagram」のおすすめ記事

「メッシ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュース

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月17日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。