テア・シュテーゲン、バルサと5年契約締結? チェルシー移籍は消滅か

テア・シュテーゲン、バルサと5年契約締結? チェルシー移籍は消滅か
       
 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは同クラブと新たな5年契約を締結する模様だ。6日にスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 テア・シュテーゲンの現行契約は2022年6月で満了。今シーズンもバルセロナの絶対的守護神としてリーグ戦36試合に出場した同選手は、14試合にわたって無失点の記録した。

 今夏の移籍市場では新たなGKを模索中であるチェルシーへの移籍なども噂されていたが、バルセロナとの延長を機に退団報道も消滅することが予想される。去就も定まったテア・シュテーゲンは、世界有数の守護神として今後も活躍を続けるに違いない。
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。