川崎FがJ1記録に並ぶリーグ戦9連勝! 三笘の公式戦4試合連続弾など札幌に6得点快勝

川崎FがJ1記録に並ぶリーグ戦9連勝! 三笘の公式戦4試合連続弾など札幌に6得点快勝
       
 15日、明治安田生命J1リーグ第10節で北海道コンサドーレ札幌川崎フロンターレが対戦した。

 現在勝ち点12で9位につける札幌と、リーグ戦8連勝中の勝ち点25で首位を走る川崎F。昨シーズンのルヴァンカップ決勝で対戦した両チームは、共に前回の公式戦から中2日で『札幌ドーム』のピッチに立った。

 先に決定機を作ったのは川崎F。12分、リーグ戦初スタメンとなったFW宮代大聖がドリブルで相手のペナルティエリア左の深いところへ抜け出すと、左足で中央へパス。これに反応したFWレアンドロ・ダミアンが左足のヒールでシュートを放つも、GK菅野孝憲に防がれる。

 対する札幌もその3分後に反撃。左サイドの敵陣中央からFW菅大輝が低い弾道のクロスを送ると、試合開始から前線にポジションを取るMF駒井善成が、ペナルティエリア内から左足でシュート。鋭いシュートはゴール左へと外れた。駒井は18分にも、ペナルティエリア手前左から今度は右足で強烈なシュート。これもゴール左へ外れるも繰り返し川崎Fゴールを脅かし、札幌が押し込む展開となる。

 それでも、先制したのは川崎Fだった。35分、敵陣中央の右でFKを獲得。キッカーMF脇坂泰斗が右足で柔らかいボールを蹴り込むと、中央で待っていたDF車屋紳太郎がフリーでヘディングシュートを叩き込んだ。

 しかし、札幌もすかさず反撃。38分、敵陣中央の右サイドからのパスが中央へ。するとペナルティアーク付近から、FWチャナティップが右足ダイレクトでシュート。しかしこれはクロスバーを直撃し、ゴールには至らない。結局、前半は川崎Fがリードで折り返す。
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月15日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。