【インタビュー】「いつか日の丸を」大型CBハーフナー・ニッキ、スイスからの飛躍を誓う

【インタビュー】「いつか日の丸を」大型CBハーフナー・ニッキ、スイスからの飛躍を誓う
       
 海外の様々な国で日本人選手がプレーすることは、常識となりつつある。

 5大リーグと呼ばれる有力国の下部カテゴリーだけでなく、オランダやベルギー、さらには東欧や小国でプレーする選手は数多くいる。

 父に名古屋グランパスなどで活躍したハーフナー・ディド、兄に日本代表でもプレーしたハーフナー・マイクを持つ、ハーフナー・ニッキもヨーロッパに渡り、4年半が経過した。

 名古屋からオーストリア3部のSVホルン、スイス2部のFCヴィル1900と渡り歩き、昨シーズンはスイス1部のFCトゥーンに在籍。リーグ戦25試合出場4得点という成績を残した。中盤戦以降はセンターバックとして定着し、個人の結果は残したものの、チームは2部に降格したため、新シーズンは再びスイス2部でプレーすることになった。

 世代別日本代表にも選出経験があるハーフナー・ニッキが今、何を感じながらプレーしているのか。海外での経験値やキャリアプラン、日の丸への想いなどを聞いた。

インタビュー=小松春生

■リーダーシップと押し上げられるプレーを求められている

―――海外に移籍して4年半、スイスでプレーするようになってからは2年が経過しました。実感したリーグのレベルなどはいかがでしょうか。

ハーフナー リーグ全体のスタイルとして、似ているのはドイツですね。球際が激しく、切り替えが多く、展開も速いです。昨シーズンのヨーロッパリーグで、バーゼルがフランクフルトに勝ったように、1部はブンデスリーガ中位くらいのレベルにあると思いますし、トップチームはヨーロッパで戦えるレベルです。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月18日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。