GKにおける“経験”とは。日本のレジェンドGKに学ぶ、若手GKの道標

GKにおける“経験”とは。日本のレジェンドGKに学ぶ、若手GKの道標
       
■Jで若手GKが次々台頭
 Jリーグのある週末が戻り、2カ月半が経った。新型コロナウイルス感染拡大の影響から、今シーズンは「降格なし」の特別ルール適用が決定。これにより、各クラブがある程度リスクを負った選手起用をすることが可能となり、今季はいつになく若手の積極起用が目立つシーズンとなっている。

 なかでも若手GKの台頭は顕著だ。湘南ベルマーレ・谷晃生、鹿島アントラーズ・沖悠哉、FC東京・波多野豪ら、20歳前後の若手GKが続々とJ1デビューを飾るなど、注目を集めている。GKは替え時が最も難しいポジションであり、どうしても計算できるベテランが重用される傾向にある。ポジションが一つしかなく、アクシデント以外では途中出場することもほぼないポジション故に、高いポテンシャルを持ちながらなかなか実戦経験を積めずに年齢を重ねてしまうGKも多い。将来有望な若手GKが実戦経験を積めている今季のこの状況は、日本サッカー界全体にとっても間違いなくポジティブな流れである。

 だがその反面、致し方ないことではあるが、若手GKはやはり“粗さ”が目立つのもまた事実だ。恵まれた身体能力を生かしたダイナミックなセービングでチームを救うこともある一方で、判断ミスから失点してしまうことや、失点にはならなくとも味方にバタついた印象を与えてしまう場面も多い。

 なかでも散見されるのが、シュートをキャッチし損ねて前にこぼしてしまうシーンだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「湘南ベルマーレ」に関する記事

「湘南ベルマーレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「湘南ベルマーレ」の記事

次に読みたい「湘南ベルマーレ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。