古巣復帰のベイル、レアルでの日々に後悔なし「人間として成長できた」

古巣復帰のベイル、レアルでの日々に後悔なし「人間として成長できた」
       
 レアル・マドリードからの期限付き移籍でトッテナムに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、スペイン時代やトッテナムでの目標について語った。25日、『スカイスポーツ』が伝えた。

 現在31歳のベイルは、2007年夏に1470万ユーロ(当時レートで約25億円)の移籍金でサウサンプトンからトッテナムに完全移籍。左サイドバックから攻撃的ポジションにコンバートされると才能を開花させ、2013年夏に当時の史上最高額を更新する移籍金1億100万ユーロ(当時レートで約139億円)でレアル・マドリードに加入した。

 レアル・マドリードでは、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ制覇などに貢献。しかし、度重なるケガに悩まされ、現在チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督との間にも確執が生じた。そして今夏、1年間のレンタル移籍で7年ぶりの古巣復帰を果たすことになった。

『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、レアル・マドリード時代を振り返ったベイル。サポーターからは批判の対象となり、自分が主語のゴシップ記事が飛び交うような日常を過ごしてきたが、悪くない人生経験だったと考えているようだ。

「後悔は何もないよ。僕はただ、サッカーに取り組みプレーしたんだ。それが僕にできるすべてだったし、外野の声までコントロールはできないさ。僕には僕の意見というものがあるとわかっているし、僕の家族も本当の僕を知ってくれている」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。