遠藤保仁が磐田”デビュー戦”で先発フル出場…バー直撃FKなど決定機作るもスコアレスドロー

遠藤保仁が磐田”デビュー戦”で先発フル出場…バー直撃FKなど決定機作るもスコアレスドロー
拡大する(全1枚)
 10日、明治安田生命J2リーグ第25節が行われ松本山雅FCジュビロ磐田が対戦し、MF遠藤保仁が先発フル出場を果たした。

 遠藤は2001年にG大阪へと移籍し、G大阪では2005年にクラブ初となるJ1リーグ制覇に貢献すると、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝も達成。クラブに数多くのタイトルをもたらし続け、G大阪のレジェンド的存在となっている。しかし、今シーズンはいまだ4試合のみの先発出場で、5日、磐田へ2021年1月31日までの期限付き移籍が発表されていた。

 遠藤は2013年以来実に7シーズンぶりにJ2のピッチに立った。試合はフリーキックを任された遠藤がクロスバー直撃のシュートを放つなど、両チームとも決定機を作り出すがなかなかネットを揺らすことができずスコアレスで試合終了した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

遠藤保仁のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「遠藤保仁」に関する記事

「遠藤保仁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「遠藤保仁」の記事

次に読みたい「遠藤保仁」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク