磐田の絶対的司令塔へ…圧巻の存在感を示した遠藤保仁のさらなる可能性

磐田の絶対的司令塔へ…圧巻の存在感を示した遠藤保仁のさらなる可能性
拡大する(全1枚)
「今野(泰幸)と大森(晃太郎)以外とは初めてでしたけど、特に問題なくできたと思いますし、特に相方の山本康裕とはスムーズにやれたかなと。今日出た選手の特徴はだいたい分かったので、よりいいコンビネーションを作って、さらにチャンスも多く作っていければいいかなと思います」

 遠藤保仁ジュビロ磐田初戦として注目された10日の松本山雅戦。背番号50をつけた40歳のボランチは、20年ぶりに移籍した新天地で、冒頭のコメント通り、未知なる仲間たちとスタメンでピッチに立った。

 だが、そのパフォーマンスは普通の新参者とはかけ離れていた。開始10分間で磐田のボールポゼッション率は80%に上ったが、パスの大半が遠藤を経由した。的確な配球は攻撃のリズムを生み出し、15分には自身の左サイドのFKから山田大記の強烈シュートにつなげる。これは惜しくも右ポストを叩いたが、ヤット加入効果がいち早く表れることになった。

 内容で上回りながらも0−0で迎えた後半。2トップが小川航基と中野誠也からルキアンと三木直土に代わると、遠藤の輝きは一段と増す。その最たるものが65分、自身の右CKからの決定機だった。ルキアンが2度続けてゴールに迫るが、相手守護神・村山智彦の好セーブに遭い、惜しくもネットを揺らせない。磐田の得点ムードが高まる中、さらに5分後にはFKをゲット。背番号50が蹴った精度の高いボールはクロスバーを直撃する。「角度的にもよかったし、決めたかった」と本人も悔やんだが、「遠藤ここにあり」を示す好機となったのは間違いない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

遠藤保仁のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「遠藤保仁」に関する記事

「遠藤保仁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「遠藤保仁」の記事

次に読みたい「遠藤保仁」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク