鎌田大地が考えるポジションへのこだわり…自身の最適解は「6番、8番でやりたい」

鎌田大地が考えるポジションへのこだわり…自身の最適解は「6番、8番でやりたい」
       
 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)が取材に応じた。

 鎌田大地はまず9日に行われたカメルーン代表戦(△0-0)を振り返り、「前半は苦しい戦いをしていて、後半、相手が出てきたこともあり、僕らが入ったときには少しスペースもできていた。最後はしっかり主導権を握って攻め続けることができたと思います」とチームでの動きを分析。ただ自身のプレーについては「うまくボールは回ったと思いますし、代表がやりたいことはできていたので、悪くはなかったと思いますけど、僕自身はシュートを打つ機会もあまりなかったので、もう少しうまく関われたらよかったと思います」と反省を口にした。

 鎌田は自身のポジションについて強いこだわりをもっていると常々語ってきた。自分の力を最も発揮できるポジションを自覚している。

「僕は6番、8番でやっていきたいと、サガン鳥栖のときから言っていて。代表は別ですけど、ヨーロッパの上のクラブでやるためには僕にはそのポジションしかないと、ずっと思っていた。僕自身、足も速くないので、ヨーロッパで、前でスピードで仕掛けることは難しいので、6番、8番でやりたいと思っていました」

「フランクフルトでは10番ですけど、基本的な役割は6番、8番ですので、やりたいことにかなり近づいているし、そうなっていかないと上には行けないと思っているので。自分が上に上がるためにはそれしか方法がないと思っている感じです」

当時の記事を読む

鎌田大地のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鎌田大地」に関する記事

「鎌田大地」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鎌田大地」の記事

次に読みたい「鎌田大地」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。