“第2のハーランド”は誰!? スペイン紙が選出するCL要注目のヤングタレントたち

       
エドゥアルド・カマヴィンガ

(レンヌ/MF/フランス/17歳)

17歳で背番号10を託され、今年9月にはフランス代表デビュー。“新たな怪物”と称されるレフティーが、欧州最高峰の舞台に挑む。ドリブラーでパスセンスに優れ、左足のシュートも正確で強烈。それでいて守備力も備えているため、レアル・マドリードをはじめとしたビッグクラブが獲得を熱望している。あとは大舞台でどこまでやれるのか――欧州中のスカウトが注目している。

ジュード・ベリンガム

(ドルトムント/MF/イングランド/17歳)

新世代のタレントが次々に台頭するイングランドの最新傑作。カマヴィンガと並ぶ新たな怪物候補で、今夏ドルトムントが支払った移籍金は約30億円とされている。バーミンガムのアカデミー出身で、クラブ史上最年少の16歳38日でトップチームデビュー。ドイツ行きが決まった後には、背番号「22」が永久欠番になったというから驚きだ。17歳とは思えないテクニックとフィジカルを持ち、ハードワークも厭わない。

ペドリ

(バルセロナ/MF/スペイン/17歳)

同じ17歳のアンス・ファティが超人過ぎてスポットライトを浴びる機会はまだ少ないが、スペインの将来を背負って立つとされる逸材。今夏バルセロナに加入すると、CLデビュー戦となった20日のフェレンツヴァーロシュ戦では、途中出場から20分足らずでゴールを挙げた。身体は華奢だが、高い技術と頭の良さが特長で「

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。