アンジュヴィオレ広島が存続危機…女子プロリーグ誕生で問う“地域チーム”の価値

アンジュヴィオレ広島が存続危機…女子プロリーグ誕生で問う“地域チーム”の価値
       
 新たに女子プロチームが誕生する広島で、地元に愛されてきたチームが存続の危機に立たされている。2012年に創設されたアンジュヴィオレ広島だ。9シーズン目を迎えたクラブがコロナ禍の煽りを受けて資金難に陥り、今季限りでの解散の危機に瀕している。クラブが定めた資金確保の期限は10月末。非情なタイムリミットが目前に迫っている。

 アンジュヴィオレ広島は、なでしこジャパンが女子ワールドカップ制覇を果たした翌年、広島市西区横川町の地元住民らでつくるNPO法人「広島横川スポーツ・カルチャークラブ」を母体として誕生した。創設3シーズン目の2014年には、なでしこリーグへ参入し、2015シーズンから2年間は同2部でも戦ったが、2017シーズン以降はチャレンジリーグ(3部相当)でプレーしている。

 広島の女子サッカーをリードしてきたクラブは、NPOメンバーである地元住民たちがボランティアで運営してきた。現在は約50人のボランティアがチームを支えているという。「アンジュヴィオレ広島はまさに地域から生まれたチームです」。その語るのはクラブ広報の宮地弘充さん。2011年のNPO発足時からクラブ運営に関わってきた宮地さんも、ボランティアでありながら、広報、営業、グッズ企画・販売、イベント関連と多岐にわたる仕事を担当している。

 広島出身のFW神田若帆は、「ボランティアの方たちがいなかったら試合をすることも、チームとしても成り立っていないと思います」と地元の支えを感じながらプレーしている。「選手が試合に専念できる環境を作っていただき、本当にいろいろな事をしてもらっていて感謝の気持ちしかないです」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。