王者バイエルン、キミッヒの技あり決勝弾でCL2連勝…敵地でロコモティフに競り勝つ

王者バイエルン、キミッヒの技あり決勝弾でCL2連勝…敵地でロコモティフに競り勝つ
       
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、ロコモティフ・モスクワとバイエルンが対戦した。

 昨季王者のバイエルンは第1節でアトレティコ・マドリードに4-0で快勝し白星スタート。ロコモティフ・モスクワはザルツブルクと2-2で引き分けてドロー発進となっていた。

 試合はホームのロコモティフが先に決定機を作り、3分にゴール前へ飛び出したフョードル・スモロフがフリーでヘディングシュートを放ったが、これは惜しくもGK正面。一方のバイエルンも8分、左CKでロベルト・レヴァンドフスキが頭で合わせにいったが、直前にボールの軌道が変わって反応しきれずにシュートミスで枠を捉えなかった。

 両者が立ち上がりにチャンスを作ったが、先制に成功したのはバイエルン。14分、コランタン・トリッソがペナルティエリア右へ浮き球パスを送ると、フリーのベンジャマン・パヴァールがジャンプしながら右足ダイレクトで折り返す。これをニアに飛び出したレオン・ゴレツカが頭で叩き込んで先制点を奪った。

 バイエルンは25分にも同じような形で追加点のチャンス。エリア前のトリッソが右サイドへ浮き球パスを送り、パヴァールがダイレクトでジャンピングクロス。今度は中央のキングスレイ・コマンが右足ボレーで合わせたが、これは左ポストに弾き返された。

 1点リードで折り返したバイエルンはハーフタイムにゴレツカとトーマス・ミュラーを下げて、ハビ・マルティネスとセルジュ・ニャブリを投入。ニャブリは20日に新型コロナウイルス陽性反応が出て2試合を欠場したが、その後の検査で陰性が確認されて25日に隔離が解除されていた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。