冨安フル出場のボローニャ、カリアリに3発で競り勝つ! 今季リーグ戦2勝目

冨安フル出場のボローニャ、カリアリに3発で競り勝つ! 今季リーグ戦2勝目
 セリエA第6節が31日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャとカリアリが対戦した。冨安は開幕から6試合連続となるフル出場を果たした。

 前節のラツィオ戦に1-2で敗れたボローニャはここまで1勝4敗で暫定17位と、低調な出だしとなっている。対するカリアリは前節のクロトーネ戦に4-2で勝利し、暫定12位となっている。今季2勝目を目指すボローニャがカリアリをホームに迎え、試合はスタートした。

 ボローニャは序盤に失点してしまう。カリアリは15分、敵陣でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、左サイドを崩して中央へ折り返す。これにジョアン・ペドロが左足で合わせ、技有りの先制点を奪った。冨安がマークについたが防ぐことはできなかった。ボローニャは31分、左サイドのCKにロドリゴ・パラシオがヘディングで合わせるが、相手ディフェンダーの頭に当たり、惜しくもゴールとはならなかった。

 さらにボローニャは35分、パラシオが左サイドからカットインし、右足でシュートを放つ。シュートは枠を捉えたが、GKの好セーブに阻まれた。ボローニャは45分、同点に追いつく。ペナルティエリア内左でボールを受けたムサ・バロウがカットインから右足を振り抜く。ボールは鮮やかな軌道を描き、ゴール右に吸い込まれた。

 同点で後半へ折り返したカリアリは47分、右サイドからの折り返しにジョバンニ・シメオネが右足で合わせ、勝ち越し弾を奪う。しかし、ボローニャもすぐに同点に追いつく。52分、ペナルティエリア手前でスルーパスを受けたロベルト・ソリアーノが右足でゴール左に流し込み、同点とした。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。