バイエルン退団迫るアラバ、代理人通じてレアルに“逆オファー”…約24億円超の高額給与がネックか

バイエルン退団迫るアラバ、代理人通じてレアルに“逆オファー”…約24億円超の高額給与がネックか
       
 バイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバが、代理人を務めるピニ・ザハビ氏を通じてレアル・マドリードに“逆オファー”を行った模様だ。5日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在28歳のアラバは、バイエルンとの現行契約が2021年6月30日で満了となる。バイエルンとすればフリーでの退団を避けるためにも契約延長を行いたいところだったが、両者の交渉は難航。ヘルベルト・ハイナー会長は契約延長オファーを撤回しており、アラバのバイエルン生活は終わりを迎えようとしている。

 以前、アラバの代理人は実の父親が務めていたものの、現在は“敏腕エージェント”とも呼ばれているザハビ氏が代理人だ。ザハビ氏は来夏にアラバがフリーでレアルに移籍する青写真を描いて“逆オファー”を行ったようだが、『マルカ』によるとアラバ側が年間総額2,000万ユーロ(約24億5,000万円)もの給与を望んでいることが獲得の障壁となるという。

 コロナ禍によって、レアルの財政面も決して余裕があるとは言えない状況だが……。センターバック、左サイドバック、中盤もこなせるアラバを獲得すれば戦力の上積みは見込める。今後の動きに注目が集まりそうだ。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。