ルヴァン杯決勝の日程決定理由を村井チェアマンが説明 来季の開幕時期にも言及

ルヴァン杯決勝の日程決定理由を村井チェアマンが説明 来季の開幕時期にも言及
       
 Jリーグは12日、延期となっていた2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝の柏レイソルFC東京戦を2021年1月4日(月)に国立競技場で開催することを発表。それに伴い、Jリーグはオンライン会見を実施。村井満チェアマン、原博実副理事長が出席し、決定の経緯などを説明した。

 当初は7日に開催が予定されていたが、柏に複数の新型コロナ陽性者と濃厚接触者が出たため、3日に延期を決定。年明けまでを含めて、代替開催日の調整が続いた。村井チェアマンは「もともと、チケットを買っていただき、足を運んでいただける方が2万4000名ほどいました。その方々が再度、年末年始というタイミングの中で足を運んでいただくために、なるべく早く日程を決めたかった」と、早期決定の理由を説明。

 Jリーグは2020年、コロナ禍の中、過密日程で進行。FC東京はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の残り試合がカタールでの集中開催となったため、リーグ戦は早めに消化しつつ、11月24日からのACLに向けて2チーム編成となる。決勝まで進出した場合は12月19日の明治安田生命J1リーグ最終節と同日開催となり、さらにリーグ戦で2位以内に入ると、天皇杯準決勝(12月27日)からの参加も決まるため、年内のスケジュールが埋まる。FC東京の状況については次のように説明している。

「11月18日のリーグ戦を最後に、ACL出場組はカタールへ向かいます。そこから中2日で12月3日までこなす。12月12日と19日は通常のリーグ戦が入っているので、2チーム体制で戦うことをご了解いただきました。大変困難なことですが、12月19日に全体のスケジュールを消化することに重きを置いたシーズンであり、努力を重ねていただいています。さらに、J1で2位以内に入ると天皇杯準決勝から参加となります。2位以内の可能性がありますし、ACLのグループステージ終了後もトーナメントを勝ち抜くことを期待しています。天皇杯で決勝(1月1日)に行く可能性もありますし、現在は海外から帰国者は2週間の自主隔離があります。緩和交渉はしていますが、厳格に課せられていることでもあるので、淡い期待を抱いてスケジュールを埋めることはリスキーだと考えています。19日の最終節の成績で天皇杯出場クラブが決まるので、19日以降に試合を入れることは競技の統一性としても難しい。横浜

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「柏レイソル」に関する記事

「柏レイソル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「柏レイソル」の記事

次に読みたい「柏レイソル」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月12日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 柏レイソル 移籍
  2. 柏レイソル 降格

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。