圧巻の存在感を放つルーキー・三笘薫…日本代表入りへの武器と課題

圧巻の存在感を放つルーキー・三笘薫…日本代表入りへの武器と課題
       
 コロナ禍の2020年J1リーグで11連勝と12連勝の記録を作り、2年ぶりの優勝街道を驀進してきた川崎フロンターレ。21日の敵地・大分トリニータ戦は0-1とまさかの苦杯を喫し、ガンバ大阪が22日の浦和レッズ戦を2-1で勝利したため、5試合を残しての史上最速タイトル獲得はお預けとなったが、25日の次節は本拠地・等々力競技場でG大阪との直接対決を迎える。まさに最高の舞台が整ったというわけだ。

 今季の川崎はご存じの通り、魅力あるタレントたちが持ち味を大いに発揮してきた。13ゴールをマークする33歳のエース・小林悠と11ゴールのレアンドロ・ダミアン、小気味いいパス回しを見せる家長昭博、脇坂泰斗、守田英正ら中盤、シーズン途中に華麗な復活劇を見せた中村憲剛、安定感ある谷口彰悟やジェジェウら守備陣……。チーム全体が輝く中で、ひと際強いインパクトを残したのが、大卒新人の三笘薫である。

 1つ上の三好康児、板倉滉、1つ下の田中碧に挟まれる中、川崎U-18時代から抜群の攻撃センスを披露していた彼は、トップ昇格を打診されながら筑波大学へ進学。4年間は学業とサッカーに邁進した。その間も森保一監督に一目置かれ、東京五輪代表候補に名を連ね、2018年アジア大会に参戦するなど、将来を嘱望されてきた。

 それでも本人は、「フロンターレのポジション争いは物凄く厳しい。左サイドは長谷川竜也さんだったり齋藤学さんだったり、代表を背負ってきた選手だったりするので。前からのハードワークやスプリント力という自分の課題を考えると、まだ、どの監督にも使われる選手にはなれていない。そのレベルを目指して努力していきます」と厳しい自己評価をしたうえで、今季、定位置確保に向けてゼロからのスタートを切った。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。