大会史上最大の苦難に見舞われている今季のACL…各クラブは総力戦で短期集中決戦に挑む

大会史上最大の苦難に見舞われている今季のACL…各クラブは総力戦で短期集中決戦に挑む
拡大する(全1枚)
1967年から続くACLの歴史
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は大陸選手権大会の一つで、アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会だ。1967年に発祥したアジアクラブ選手権から発展し、2002年より現行の形式がスタート。記念すべき第1回大会は、SARS(重症急性呼吸器症候群)の感染拡大とイラク戦争の影響により決勝戦が半年も延期される困難に直面したが、アル・アイン(UAE)がBECテロ・サーサナ(タイ)を2-1で下し、初代王者に輝いた。

 続く2004年、2005年大会はアル・イテハド(サウジアラビア)が連覇を果たし、中東優勢の状態が続いたが、2006年に全北現代モータース(韓国)が頂点に立ったのを境に、東アジア勢が勢力を強めた。2007年には浦和レッズ、翌年にはガンバ大阪と日本勢が連覇を達成。莫大な資金力で大型補強を繰り返す広州恒大(中国)は2013年、2015年大会を制した。日本勢は2017年、2018年にも浦和、鹿島アントラーズによって2年連続のアジア制覇を果たしており、浦和は2019年大会も決勝まで勝ち上がって準優勝の成績を収めている。

 日本勢は過去5回決勝に進出し、そのうち4回タイトルを手にしているが、「ACL」という大会の価値に対する認識が変わったのは、2007年の浦和の初優勝がきっかけだった。2006年以前はと言うと、平日開催の多いホームゲームは大きな集客が見込めず、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク