【インタビュー】矢部浩之『選手ファーストを忘れず、ちびっ子のために』

【インタビュー】矢部浩之『選手ファーストを忘れず、ちびっ子のために』
       
 ナインティナインの矢部浩之さんが司会を務めるDAZNのサッカー番組『やべっちスタジアム』が、29日23時から生配信番組としてスタートする。

 多くの選手、サポーターから惜しむ声が上がった長寿番組『やべっちFC』が最終回を迎えてから約2カ月。新たなキックオフを迎えるに際し、矢部さんに改めてサッカーとの向き合い方や伝えたいこと、挑戦したいことを聞いた。

インタビュー=小松春生

■さぶいぼが立った

―――番組発表会見ではユニフォームを手渡され、早速袖を通しました。感想から聞かせてください。

矢部 こんなテイストの仕事『初めてやな』という感じでしたね。選手の移籍会見のパロディーなんですけど、リアルとパロディーの間でやっていたという感じでした。ワイシャツ、ネクタイの上からゲームシャツを着るのが夢だったんですよ。

―――身の引き締まる思いもありますね。

矢部 そうですね。会見前、田嶋幸三会長にJFAミュージアムを案内していただいて、サッカーの歴史を見ていたら、さぶいぼ(鳥肌)が立ったようで。自分はプロでも何でもないのに、番組のユニフォームやサインを書いたスパイクを飾っていただけたり、会長自ら案内してくださったり、ありがたいの一言に尽きますね。『やべっちFC』を18年以上やってきた結果、「日本サッカーに貢献していただいた」と言われますけど、こちらはサッカーが好きなだけで番組をやらせてもらっただけで。ある記者の方から、「日本サッカーを応援してきましたけど、最後はやべっちが応援されていましたね」と言われ、「その通りやな」って

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。