プレミアリーグ、ブレグジットの影響でもEU圏内出身選手の獲得にも制限が

プレミアリーグ、ブレグジットの影響でもEU圏内出身選手の獲得にも制限が
       
 イギリスの欧州連合(EU)脱退は今月31日にも完了する見込みだが、その場合にはプレミアリーグにも大きな影響が生まれるようだ。同メディア『BBC』が伝えている。

 これまでプレミアリーグでは外国籍選手を獲得・起用するためには、外国人労働許可証が必要となり代表歴などが求められた。対してEU圏内の国籍を持つ選手とは代表歴などにかかわらず自由に契約することが可能だったが、イギリスがEUを脱退するために変更。今後は選手の年代別及びA代表歴、前所属クラブでの出場やそのクラブの格付けなどをポイント化し、一定の基準を超えた場合のみ資格を満たすことが出来るようになるという。

 この基準では2015年のフランス代表MFエンゴロ・カンテのカーンからレスターへの移籍は認められていなかった可能性が高いと同紙は指摘。今後の各クラブの補強戦略にも影響を及ぼすこととなりそうだ。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。